ANAファーストクラスのご紹介ページです。人生で一度は乗ってみたいと憧れることが多いファーストクラスについて、様々な解説をしています。国際線と国内線(プレミアムクラス)それぞれのファーストクラスの情報をご覧頂けます。

搭乗体験談

ファーストクラスがどのようなものなのかを感じられる、ファーストクラス搭乗体験談のコーナーです。

ANA ANAファーストクラス搭乗記 成田発・ワシントン着
北米
片道110万円
ANA ANAファーストクラス搭乗記 ワシントン発・成田着
北米
片道110万円

国際線ファーストクラスの特徴

ANAにおいて最も高額で最上級のサービスを受けられるのが国際線ファーストクラスです。ビジネスクラスでも高いサービスを受けることができますが、ファーストクラスでは設備も含めて更に充実しています。

路線と料金

ファーストクラスが設定されている国際線路線を一覧にしてまとめてみました。ファーストクラスは全ての路線に設定している訳ではなく、中長距離路線にのみ設定されています。

なお、一覧には往復料金も掲載しておりますが、時期や割引等によって変動がございますので、目安という形で掲載しております。正確な料金はANA国際線 普通運賃表よりご確認ください。

エリア 発着地 往復料金(目安)
北米 羽田~サンフランシスコ 170万円
北米 成田~サンフランシスコ 160万円
北米 羽田~ニューヨーク 210万円
北米 成田~ニューヨーク 200万円
北米 羽田~シカゴ 210万円
北米 成田~シカゴ 200万円
北米 羽田~ホノルル 150万円
北米 成田~ホノルル 150万円
北米 成田~ロサンゼルス 170万円
北米 成田~シアトル 170万円
北米 成田~サンノゼ 170万円
北米 成田~ワシントンD.C. 210万円
北米 成田~ヒューストン 210万円
北米 成田~デンバー 190万円
北米 成田~バンクーバー 160万円
北米 成田~トロント 180万円
北米 成田~カルガリー 160万円
欧州 羽田~ロンドン 260万円
欧州 羽田~パリ 260万円
欧州 羽田~フランクフルト 280万円
欧州 羽田~ミュンヘン 280万円
欧州 成田~デュッセルドルフ 280万円
欧州 成田~ブリュッセル 280万円
欧州 成田~チューリッヒ 280万円
欧州 成田~ウィーン 280万円
欧州 成田~イスタンブール 290万円
アジア 羽田~シドニー 150万円
アジア 成田~オークランド 120万円
アジア 羽田~ジャカルタ 100万円
アジア 羽田~シンガポール 100万円
アジア 成田~ムンバイ 110万円
アジア 成田~デリー 110万円
アジア 成田~ホーチミンシティ 90万円
アジア 成田~クアラルンプール 100万円
アジア 成田~ヤンゴン 100万円

シート

ANAファーストクラスのシートは「ANA FIRST SQUARE」と言います。外からの目が気にならない半個室型のシートで、当然ながらフルフラットにもなります。

23インチの大型液晶スクリーンや、ゆとりのある収納空間など、機内とは思えないほど、設備とサービスが充実しています。詳しくはANAファーストクラス公式サイトをご覧ください。

積算マイル

ファーストクラス搭乗時に貯まるマイル数は「搭乗の区間基本マイレージ×150%」です。詳細はANA国際線マイルの積算条件をご覧ください。

特典航空券

ANAマイレージクラブに貯まったマイルの使い方は色々ありますが、中でもファーストクラスの特典航空券と交換するという方法が、最もお得です。普通に購入すると往復100万円以上の費用がかかりますが、特典航空券なら105,000マイルから交換可能です。詳しくはANA国際線特典航空券公式ページをご覧ください。

アップグレード

既にANAビジネスクラスの航空券を持っていて、搭乗便のファーストクラスに空席がある場合、マイルを使ってアップグレードすることが可能です。フライト距離によって必要マイル数は異なりますが、最小で20,000マイル、最大で45,000マイルを求められます。

ただし、ビジネスクラスの航空券の予約クラスが「Pクラス」である場合は、こちらのアップグレード特典は利用できませんので、注意が必要です。詳しくはANA国際線アップグレード特典公式ページをご覧ください。

インボラ

ビジネスクラスの航空券を持っているのに、当日航空会社側からの厚意で自動的にアップグレードされることをインボラ(インボランタリー・アップグレード)と言います。

ANAでも希にこのインボラが発生しますが、特にその条件等は公開されていませんので、もしインボラに該当した場合はとても幸運だと言えます。

国内線プレミアムクラスの特徴

ANAでは国際線ファーストクラスほどの高い水準ではありませんが、国内線にもファーストクラスに相当する機内クラスを設定しています。「プレミアムクラス」という名称で、空港でも機内でも細やかなサービスを受けることができます。ちなみに、2008年以前は「スーパーシート」という名称でした。

運賃は「通常運賃+6,500円前後」となっていて、どの路線でもだいたい数万円程度で往復することができ、お手頃と言えるのではないでしょうか。

なお、「国際線のファーストクラスに相当する」というのはあくまでも当サイトにおける分類です。ANA公式では「プレミアムクラス」と「普通席」の2つの分類になっています。

路線と料金

国内線の全路線にプレミアムクラスが設定されている訳ではありませんが、大都市圏の主要空港路線を始め、数多くの路線に設定されています。エコノミークラス(普通席)よりも快適に過ごせるため、ビジネス利用の多い路線では特に人気が高いです。

設定路線や運賃の詳細はANAプレミアムクラス運賃よりご確認ください。

シート

プレミアムクラスでは、機材によって異なる5種類のシートが用意されています。設備や座席感覚に若干の差異はありますが、どのタイプのシートでもゆったりとくつろげるのでご安心を。アメニティの色味も統一されていて、高級感があります。

詳細はANA国内線プレミアムクラス シートよりご確認ください。

積算マイル

プレミアムクラス搭乗時に貯まるマイル数は「搭乗の区間基本マイレージ×150%もしくは125%」です。普通運賃か小児運賃か身体障がい者割引運賃を利用した場合は150%、これら以外の割引運賃を利用した場合は125%となっています。

詳細はANA国内線マイルの積算条件をご覧ください。

特典航空券

プレミアムクラスには特典航空券が設定されていません。どうしてもマイルを使ってプレミアムクラスに乗りたいという場合は、マイルをANA SKY コインに交換して、そのANA SKY コインを使ってプレミアムクラス航空券を購入するという手段もあります。

アップグレード

国際線と異なり、国内線にはマイル利用のアップグレード特典は用意されていません。アップグレードをするためには現金やANA SKY コインによる支払いが別途必要となります。

ちなみに、プレミアムクラスに空席があれば当日でもアップグレードできます。もちろん事前に手続きしておく方が安全ではありますが、忘れてしまったときなどは当日カウンターで空席があるか聞いてみましょう。

インボラ

先の項目でインボラの概要を解説させて頂きましたが、国内線のインボラは国際線以上に希です。ネットや書籍でも国際線のインボラ体験談などは数多く見受けられますが、国内線はほぼありませんので、国内線でインボラが起きることはほぼないと考えて良いでしょう。