かつては「ファースト・ビジネス・エコノミー」の3クラスしかありませんでしたが、JALでは2007年12月から「プレミアムエコノミー」という新しい機内クラスが導入されました。

名称からも想像できるとおり、ビジネスクラスとエコノミークラスの中間に位置づけられています。なお、プレミアムエコノミーは国際線限定の機内クラスで、国内線には存在しません。

搭乗体験談

こちらのコーナーではプレミアムエコノミーの搭乗体験談をまとめていく予定です。

国際線プレミアムエコノミーの特徴

その名の通り、プレミアムなエコノミークラスです。エコノミークラスよりもゆったりとした座席となっていて、長時間のフライトでもさほど苦になりません。料金もエコノミークラスとビジネスクラスの中間くらいに設定されていて、ちょっと贅沢な旅行をしたい時にぴったりです。

路線と料金

ビジネスとエコノミーの中間に位置するプレミアムエコノミーですが、導入されている路線は結構限られています。現在は主に欧米線のほか、アジア線の中でも比較的距離の長い路線にプレミアムエコノミーが導入されています。

なお、料金に関しましては、予約時期や割引種類などによって変動が大きいため、あくまで目安としてお考えください。正確な料金はJAL国際線運賃サイトよりご確認ください。

エリア 発着地 往復料金(目安)
北米 羽田~サンフランシスコ 40万円
北米 成田~ニューヨーク 40万円
北米 成田~ロサンゼルス 40万円
北米 成田~シカゴ 40万円
北米 成田~ボストン 40万円
北米 成田~ダラス 40万円
北米 羽田~ホノルル 30万円
北米 成田~ホノルル 25万円
欧州 羽田~ロンドン 45万円
欧州 羽田~パリ 45万円
欧州 成田~モスクワ 40万円
欧州 成田~ヘルシンキ 45万円
欧州 成田~フランクフルト 45万円
アジア 成田~シドニー 25万円
アジア 成田~ジャカルタ 25万円
アジア 羽田~バンコク 25万円
アジア 羽田~シンガポール 25万円
アジア 成田~デリー 25万円
アジア 成田~ハノイ 25万円
アジア 成田~マニラ 25万円
アジア 羽田~上海 15万円
アジア 羽田~広州 20万円

シート

プレミアムエコノミーには「JAL SKY PREMIUM」と「JAL SKY SHELL SEAT」という2種類のシートが用意されていて、搭乗する路線や機材によってどちらになるかが決まります。

「JAL SKY PREMIUM」は主に北米や欧州などの長距離路線に、「JAL SKY SHELL SEAT」は主にアジア圏の中距離路線に設定されていることが多いです。詳しくはJAL国際線プレミアムエコノミーサイトをご覧ください。

積算マイル

プレミアムエコノミー搭乗時の積算マイルは「区間マイル数×100%」です。普通運賃で買うのとJALエコノミーセイバープレミアムなどの割引運賃で購入するのとでは、金額に結構な差が生じますが、積算マイル数は同じです。より詳しい情報はJALフライトマイル積算率のページをご覧ください。

特典航空券

マイルを使ってプレミアムエコノミーの特典航空券を獲得することができます。上海や広州といった近距離路線であれば30,000マイル、最も必要マイル数が多いヨーロッパだと70,000マイルで交換可能です。

だいたいどの地域でもエコノミークラスの必要マイル数に10,000~20,000マイルほど加算した数値になっています。なお、詳しいマイル数等はJAL国際線特典航空券 マイル早見表をご覧ください。

アップグレード

エコノミークラスのチケットを持っている場合、プレミアムエコノミーへのアップグレードをするには2つの方法があります。

1つはマイルを使う方法です。地域によって異なりますが、だいたい10,000~15,000マイルほどでアップグレードが可能です。

もう1つは当日空港で現金払いでアップグレードするという方法です。当日になってプレミアムエコノミーに空席があるという条件付きですが、10,000~30,000円ほどでアップグレードできます。

詳しくはJAL国際線アップグレード特典をご覧ください。

インボラ

オーバーブッキング等でエコノミークラスが満席状態で、かつプレミアムエコノミーに空席がある場合、自動的に無料でアップグレード(インボラ)されることがあります。インボラの対象となる確率は低いですが、このような幸運に遭遇することもあります。