お得な料金を武器に人気が広がっているLCC(格安航空会社/Low Cost Carrier)ですが、国内線も就航しているLCC8社を対象にしたランキングを作成しました。

数多くの口コミに基づいた「総合満足度・料金・接客・サービス・機内の快適さ」の5つのランキングで、LCC8社を比較しています。

まだLCCに乗ったことがなくてLCCに不安を感じている方も、普段からLCCを乗りこなしている方も、ぜひ次の旅行や出張の参考にしてみてください。

なお、一部読みやすさを考慮して、MCC(中堅航空会社)に分類されることも多い「スカイマーク・スターフライヤー・AIRDO・ソラシドエア」の4社をまとめて、MCC4社と表記しています。

口コミランキング

飛旅にお寄せ頂いたLCCの口コミの「総合満足度」を元にしたランキングです。

なお、当ランキングの下では、項目別(料金・接客・サービス・機内の快適さ)のランキングもご覧いただけます。

料金面ではかなりの優位性を誇るLCC4社ですが、総合満足度という面で見ると、MCC4社の方が圧倒的に高い評価を獲得しています。

航空会社 口コミ(件数)
スターフライヤー 4.14(49)
AIRDO 4.00(53)
ソラシドエア 3.79(24)
スカイマーク 3.76(59)
ピーチ 3.75(79)
スプリング 3.50(14)
ジェットスター 3.43(93)
エアアジア 3.31(26)

料金の評価

飛旅にお寄せ頂いたLCCの口コミの「料金の評価」を元にしたランキングです。

国内線も国際線も圧倒的な低価格が魅力的なLCCですので、全体的に評価が高く、星4つ以上を獲得している航空会社が多くなっています。

ただ、LCCは手荷物重量に厳しく、重量によってはかなりの超過料金を取られてしまうこともありますので、予約時にちゃんと確認しておきましょう。

航空会社 口コミ(件数)
ピーチ 4.36
スカイマーク 4.34
ソラシドエア 4.25
ジェットスター 4.18
スプリング 4.07
エアアジア 4.06
スターフライヤー 3.98
AIRDO 3.94

接客の評価

飛旅にお寄せ頂いたLCCの口コミの「接客の評価」を元にしたランキングです。

空港カウンター(地上)やフライトアテンダント(機内)の接客態度が評価対象となります。

やはり、純粋なLCC4社よりも、MCC4社の方が高い評価を獲得しています。

航空会社 口コミ(件数)
スターフライヤー 4.11
AIRDO 3.97
スカイマーク 3.70
ソラシドエア 3.69
スプリング 3.68
ピーチ 3.40
エアアジア 3.17
ジェットスター 3.14

サービスの評価

飛旅にお寄せ頂いたLCCの口コミの「サービスの評価」を元にしたランキングです。

機内食やブランケットなどの機内サービスに加え、手荷物制限やチェックインの煩雑さ、座席指定サービスや搭乗サポートなど、航空会社のサービス全般を評価対象としています。

こちらも1つ前の「接客の評価」と同様、MCC4社の評価が高いです。

航空会社 口コミ(件数)
AIRDO 3.99
スターフライヤー 3.98
ソラシドエア 3.83
スカイマーク 3.60
ピーチ 3.30
スプリング 3.11
ジェットスター 3.11
エアアジア 2.75

機内の快適さの評価

飛旅にお寄せ頂いたLCCの口コミの「機内の快適さの評価」を元にしたランキングです。

シートの前後左右の余裕や座り心地、機体の大きさ、機内の温度調整など、搭乗中の快適さを左右する項目が評価対象となります。

この項目に関しては、シートのサイズや高級感で勝るスターフライヤーが断トツです。そして、MCCの3社が追いかける構図となっています。純粋なLCC4社は価格勝負なので快適さは正直かなり低いです。

航空会社 口コミ(件数)
スターフライヤー 4.25
ソラシドエア 3.83
AIRDO 3.74
スカイマーク 3.42
スプリング 3.07
ピーチ 3.06
ジェットスター 2.99
エアアジア 2.63

売上ランキング

LCCの売上ランキングです。傘下の子会社やグループ全体を対象とした連結売上高を基準としています(海外に親会社を持つ3社は日本事業部分のみ)。

訪日外国人観光客が増えていることから、各社の売上規模も右肩上がりの傾向にあります。

航空会社 年間売上
スカイマーク 約882億円
ジェットスター 約605億円(※ジェットスター・ジャパン)
ピーチ 約604億円
AIRDO 約449億円
ソラシドエア 約420億円
スターフライヤー 約399億円
スプリング 約95億円(※春秋航空日本)
エアアジア 非公開(※エアアジア・ジャパン)