エアアジア・ジャパンは愛知県に本社を構える日本のLCC(格安航空会社)です。2014年に設立され、現在は中部国際空港を拠点としています。マレーシアのLCCであるエアアジアが大株主となっているほか、楽天やノエビアやアルペンなどといった日本企業も出資しています。

搭乗体験談

こちらのコーナーではエアアジア・ジャパンの搭乗体験談をまとめていく予定です。現在は実際に搭乗した方々からの口コミを「エアアジア・ジャパンの口コミ・評判・感想」のページにまとめています。

エアアジア・ジャパンの特徴

エアアジア・ジャパンはLCCですから、最大の特徴はなんと言っても運賃です。JALやANAなどの航空会社と比べるとサービスは劣りますが、運賃は圧倒的に安くなっています。

なお、使用機材は「Airbus A320」と「Airbus A330」の2種類です。

エアアジア・ジャパンの飛行機Airbus A320

エアアジア・ジャパンの飛行機Airbus A330

路線と料金

エアアジア・ジャパンとして運行されているのは以下の2路線のみです。ただ、エアアジアとしては本社のあるマレーシアを中心に、アジアの様々な国や都市の間に路線が就航されています。

発着地 片道料金(目安)
中部(名古屋)~新千歳 4,190円~
中部(名古屋)~台北(桃園) 9,900円~

お得な運賃の種類

エアアジア・ジャパンでは通常運賃だけではなく、座席指定の可能な料金プランや、手荷物の優先受け取りができるプランなど、4種類の運賃が用意されています。

詳しくはエアアジア・ジャパン運賃ページよりご確認ください。

運賃名 含まれるサービス
通常運賃 機内持ち込み手荷物
バリューパック 通常運賃+座席指定・機内食の選択・遅延補償
プレミアムフレックス バリューパック+ラウンジ利用・受託手荷物の優先受取・優先搭乗など
フラットベッド座席指定 プレミアムフレックス+Xcite機内エンターテインメント・枕・掛け布団など

シート

エアアジア・ジャパンには、2種類のシートが用意されている「Airbus A320」と、4種類のシートが用意されている「Airbus A330」があります。

A320の2種類のシートはさほど大きな違いはありませんが、A330の方はビジネスクラスに相当するプレミアムフラットベッドという座席が用意されていて、LCCでも優雅な旅を楽しめるようになっています。

詳しくはエアアジア・ジャパン座席案内ページをご覧ください。

エアアジア・ジャパンAirbus A320のシート

エアアジア・ジャパンAirbus A320の座席表

エアアジア・ジャパンAirbus A330のシート

エアアジア・ジャパンAirbus A330の座席表

マイル・特典航空券・クレジットカード

エアアジア・ジャパンにはマイレージプログラムがないため、特典航空券はありません。また、ANAカードやJALカードのような独自のクレジットカードも発行していません。